--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.01.09

天使の囀り

天使の囀り

を読んだ

まずこの話はね、字が多い
何を小学生みたいな感想言ってんだと思う人もいるでしょう
でもこーゆー本の感想ってやたら評論家みたいにあーだこーだ言う人いるでしょ?お前は何様だっつーの
だからたまにはこんな適当な感想もいいでしょ(笑)
でも本当字多いんだよね。1ページ読むのになかなか時間がかかります
でも帰省途中の9時間で一気に400ページ読めました(笑)

あとね、率直な疑問だったのが、タイトルが読めない(笑)
えぇ~っと「てんしの‥‥しばり?」
答えは「さえずり」でした
最初からさえずりって読めた人漢字検定受けなさい。

さて、どんな内容なのかっつーと、
続きを読む
スポンサーサイト
2005.12.30

ビタミンF

ビタミンF

を読みました
直木賞受賞の作品なんだってね
M田先輩が重松清が結構好きっぽいし、この本はなんか有名だったので、とりあえず読んでみよっかなくらいで手を伸ばした
そもそも俺は重松清って人がどんな感じの話書くのかも全く知らないような状態です

んで読み終わった感想はとゆーと、
正直、「よくわからん(笑)
なんつーか、そこまで騒ぐ作品かなぁって感じがしました
まぁ正直俺ごときが何を言うって感じだけどね

いやまぁ何でそう思ったかっつーとね、この作品、基本的に家族の問題が書かれてて、んで全体的に親父視点で書かれてるような感じがしたんだよね
だからまだ結婚もしてない、ましてや子供もいない俺には、あんまり共感できるようなとこがなかったかなって感じ
もう少し大人になって、自分が親になって読んだら、自分にとっていいビタミンとなる本じゃないかなぁ~って思いました
どうでしょう、松田先輩??

まぁ正直ゆーと、俺はあんまり家族ほのぼの系とか、恋愛小説とかあんまり好きじゃないんですねぇ
どちらかとゆーと、殺人とかのサスペンスものの方が好き
なかなかに危ない人間だな(笑)
2005.11.09

暗いところでうんにゃら

暗いところで待ち合わせ

暗いところで待ち合わせ」(著者:乙一)
を読みました。
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。