--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.01.18

卒業研究

はぁー疲れたなぁ。。
今日は理系のだいぶマニアックな日記です。


今日はいつもどおり朝から研究
んで研究上ちょっと発振器が必要になったわけです。100kHzの出力の。
それなら普通の発振器使えばいーじゃんと思うわけですが、俺が研究上必要だったのは、5ボルト程度で動く発振器
普通の発振器はコンセントにさして使うから100ボルト必要なんですね
だから俺が求めてるのは普通の発振器じゃダメなわけよ。
ないなら作ればイイジャナーイ、とゆーことで今日は発振器の製作をした

2年か3年ん時に使ってた「アナログ電子回路」っつー、これまたマニアックな教科書を引っ張り出し、それ見て作る
正直、オペアンプとかトランジスタとかこのへんって授業全然聞いてなくて、かなりわからん
テストも過去問があったから乗り切れたって感じだし
まぁ教科書見ながら、出力がこーなるからここの抵抗の値はこーなって、コンデンサが○×#ж‥‥てな計算してく。

んでなんとか完成し、出力した周波数を見てみる。
そこに出ている正弦波はちゃんと計算したとおり100kHz
なんて甘くはない出たのは2kHz。しょぼっ。
おかしい、計算は絶対間違ってないのに
少しずつ素子の値を変えながら、そのたびに周波数を見ていく。地味だー。
いろんな組み合わせを試しても、出たのは最高で50kHz。まだ半分

どーやっても無理なので、今度はウィーンブリッジ発振回路ではなく、RC移相型回路で挑戦
これでできなかったら、もう知~らね
んでまぁ完成し、計ってみると‥‥10kHzYeah、十分の一
もしかしたらといろいろ素子の値を変えながら、周波数を見ていく
すると‥‥‥
出なーい
理論値では出るはずなのに、実際やってみると半分ちょっとしか出ない。
なんかもうこのときはだいぶ鬱でした

どーにもこーにもわからず、先生にHELP
このとき夜10時ため息しか出ない。
先生に聞いたところ、答えは返ってきました
「何でだろう。」と。

その後、先生と一緒に考えること1時間弱
出した結論は
「俺が使ったICでは100kHzは出ないのかも」
ぬぉぉぉぉぉ‥‥‥‥先生も大丈夫って言ってたICなのに。

ひでぇ、ひですぎる‥。涙も出ないぜ。
てかちゃんと電圧利得の周波数特性考えずにこのIC使った俺が一番アホだ

ふと、先生が自分の部屋に帰り、あるものを渡してくれた
「はい、これ。電池で動く発振器。1Hz~62.7MHzくらいまで調整できるよ。」

先生‥‥後光が見えた
先生がくれた新しい発振器のおかげで、俺の今日の一日が無駄になりましたよ、先生
涙が止まらないっす、先生

何はともあれ、夜23時。先生のミラクルな贈呈により、一件落着

だいぶマニアックな日記でした
スポンサーサイト
コメント
よくわからんけど(から)、尊敬してしまう。
Posted by sho-da at 2006.01.19 08:33 | 編集
>>sho-da
俺も正直あんまり、よくわかってないっすi-229
まぁよくわからんけど、尊敬されるのはうれしいことです(笑)
Posted by あきら at 2006.01.19 19:05 | 編集

管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。